鍋倉山 2月19日(月)晴

東京野歩路会スキーの祭典 山スキーに参加

 鍋倉高原・温井集落最終除雪地点からスタート。林道をショートカットして進む、尾根に取り付かず巻気味に登る。1,140mから尾根に上がるべき左上して尾根に乗る。やがて傾斜緩み冬初めての鍋倉山、ガスが発生し景色イマイチ。

 古いブーツ3ピンの穴が埋まっているらしく、ビンデイングがうまくセッテイング出来ず力掛けると外れ、またステップソールの板は下に降りてくると雪が付着して最悪のスキーになってしまった。

 

2/19 宿7:58温井集落8:09~24(655m)8:48~54(810m)9:38~43(1,140m)10:50~11:02鍋倉山11:28~48温井集落12:41

阿寺の七滝~鳳来寺 2月12日(休)小雪・晴

 新城ホテルは本館とそれぞれ別館の作りで渡り廊下が長く、また部屋も隙間?だらけで非常に寒かった。豊川が下に流れ夏向きのホテルかな?

阿寺の七滝につながる、小さな流れにそって自然歩道が伸びる。地形は流れは左に歩道は右に分かれ下り傾斜は増す。下りきると左に滝の音、トラバース道を少し登ると穏やかな七段の滝が迎えてくれた。猿滝、不っ田の七滝を覗き睦平。三河大野駅で小休止後飯田線の踏切渡り引地、鳳来寺の登山口。林道終点でランチタイム、近くで杉の伐採作業をしていて時々チエンソウと倒木の音がしていた。湯谷峠からは直ぐにパークウェイ、行者越えを過ぎ最高点から左下に駐車場をチラチラ見て東照宮、鳳来寺を参拝して今回の行程を終了した。

 

 

2/12 朝食6:30出発7:30巣山8:22阿寺の七滝8:48~9:04猿滝9:12~16鉛山峠9:38睦平10:20~30三河大野駅10:50~58林道終点11:34~54湯谷峠12:10パークウェイ12:21行者越え12:32~38東照宮13:15~21鳳来寺13:26~29駐車場13:45浜松いなさ北14:34

東京18:29初台南18:34新宿18:50

東海自然歩道 静岡県~愛知県

 朝食6時に用意いただき「松本屋旅館」さんを後に市ノ瀬に向かう。

スタート地点は山道を行くが直ぐに舗装道路の林道、今回のルートは天竜美林エリアの為に山の上まで舗装道路が延びているのかな。倉野、ヒラシロ遺跡で暫し休憩。道の駅「くんま水車の里」で昼食タイム。県境までの林道は舗装道路が直ぐきれダートで安心して愛知県に入る。砂利道の林道少し下ると立派な舗装道路が延びていた。明日のスタート地点「阿寺の七滝」への巣山入山口を確認して新城のホテルに入る。

2/11 朝食6:00出発7:00市ノ瀬7:44~58石打8:34倉野9:25~35ヒラシロ遺跡10:07~23阿弥陀堂10:58くんま水車の里11:15~50黒滝12:08小さな峠12:50~55県境13:35~42六本松14:09~35夏明橋14:40明日の出発地14:50新城ホテル16:15

秋葉山 2月10日(土)晴

 3連休とはいえ、さすがに東名は順調に通過したが、ドライバー氏はナビ頼りの為グルット遠廻りして目的地にやっと到着した。

 新宮池から歩行して春野ふれあい公園で昼食。秋葉山表参道は石畳に急登が続くが、元気な女性陣が飛ばす。富士見茶屋跡、三尺坊を通過すると傾斜緩み全員元気に進む。黄金の鳥居くぐり秋葉神社・上社に参拝。裏の最高点に登り駐車場に向かうと雨が降りだす、途中から山道に入り歩く計画でしたがバスに乗って宿に向かった。

 

新宿6:30初台南6:40東京料金所6:53足柄SA7:40森掛川IC9:20新宮池10:46不動橋11:45春野ふれあい公園11:55~12:40秋葉神社・下社12:44~58富士見茶屋跡13:59三尺坊14:45~53秋葉神社・上社15:13~30松本屋旅館17:00


湯沢で雪遊び 1月20.21日(土.日)

 スキー班とスノーシュー班に分かれ、2日間共快晴の湯沢で雪遊

びを満喫した。

 午前中は先ず足慣らし岩原ゴンドラの先のチョットした高台に上がると素晴らしい景色が広がり谷川岳・万太郎山、タカマタギ、神楽峰そして大源太山等素晴らしい白い峰々を満喫した。

1/20 越後湯沢駅9:30岩原橋10:15 458m11:26~12:04岩原橋12:43~13:17土樽駅13:37旧土樽スキー場14:04土樽駅14:30岩原橋14:50

 午後は車で土樽駅へ移動、旧土樽スキー場を歩く閉鎖して10年位は過ぎたかな?早くも灌木が成長し始めていた。ゲレンデ最上部と思われる地点までスノーシューで往復した。

 対面の足拍子岳、荒沢山が急峻の山ひだに雪をつけ非常に美しかった。

 1/20 土樽駅13:37旧土樽スキー場14:04土樽駅14:30岩原橋14:50

 21日のスノーシュー班は上越のマッタホルンと言われる「大源太山」の登山口の旭原から林道を行く、途中林道に雪崩たデブリが有りUターン。大源太川の右岸に移動してキャンプ場からゴルフ場を歩く。雪があまり付かない黒々とした大源太山に近づくことが出来た。

 

1/21 岩原橋9:20旭原9:36~39大源太林道10:09~14旭原10:32ゴルフ場11:37~12:09旭原12:44~55岩原橋13:10